i-Constructionと
ICT土工

国土交通省では、「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もっと魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction

(アイ・コンストラクション)を進めています。

image2.jpeg

i-Construction、ICT土工の推進に取り組んでいます

測量分野におけるICT土工

ICT土工の導入により、「UAV(Unmanned Air Vehicle/通称:ドローン)」や

レーザースキャナーといった機材を使った「3次元測量」が可能となります。

レーザースキャナーでの測量はすぐに3次元データを入手できるメリットがあります。

UAVでは測量時間を短縮させられる他、足場の悪い場所や災害現場の測量でも活躍します。

データ作成はソフトウェア内でほぼ自動的に行われるため、

完成した3次元データを確認することで測量工程は完了となります。

 

これらの測量から得られた三次元データは、その後に続く設計や建設といった工程の土台になります。

例えば三次元データにアクセスすれば、測量後すぐに必要な材料の総量を確認することができます。

また、このデータを活用すれば建設機器を半自動で運転するといった情報化施工も可能になる。

BIM/CIM化が進むことで、土木・建設工事の完了後も、メンテナンスでも役立てていくことも可能となります。

 

ICT技術の導入による、ICT測量が新しいスタンダードとして定着し始めています。